03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

心の嵐 

なんて脆いんだろう
ひとつの感情 それだけで揺り動かされるんだ

心の中に嵐が吹いて
風の音で何も聞こえない キコエナイ
降りつける雨で 寒くて、凍えて――

もう動けない動けない

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ: 自作詩

ジャンル: 小説・文学

カテゴリ:

2017/04/27 Thu. 17:52 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

私の中の私へ 

いつもありがとう。
私でいてくれて。

本当に感謝しているよ。
言葉で伝えられないくらい。


あ、でも私は私が何を考えてるかわかるかな。

うん、本当にそれ位。感謝してます。

-- 続きを読む --

テーマ: 自作詩

ジャンル: 小説・文学

カテゴリ:

2017/04/26 Wed. 20:23 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

夕焼けより 

夕焼けになって
全てを紅く染めましょう

思い出を静かに
闇の中に沈めましょう

貴方が迷うことなく
深い眠りにつけるように……

全てを包みましょう
夜を迎え朝が来るまで

-- 続きを読む --

テーマ: 自作詩

ジャンル: 小説・文学

カテゴリ:

2017/04/25 Tue. 19:18 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

ツキのヨル 

甘い蜜のかおり導かれた先には
月の環降りる場所

全てが静まり返る

光の乱反射
鏡の幻想
月の夜に解き放たれる魔法

眠れる森の片隅で
咲き誇る花びらに ハルのヒカリを授けよう

輝きは美しく儚い
地には極彩色を 天には白を 宙には透明を

残しゆくは夢の湖畔
深き眠りに堕ちていく

-- 続きを読む --

テーマ: 自作詩

ジャンル: 小説・文学

カテゴリ:

2017/04/24 Mon. 20:17 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

一日の空 

空にむかって笑ってみた
むかつく位 青く澄んだ空は
わたしを温かく見守っているようで
少しくすぐったくて つい 悪態をついてしまった。

夕焼けの空は すべてを過去にしてくれる
涙も想いも――全て
でも消してくれはしない

さぁ おやすみ 夜だよ
安らかに眠りまた明日。

-- 続きを読む --

テーマ: 自作詩

ジャンル: 小説・文学

カテゴリ:

2017/04/23 Sun. 17:07 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top